So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
印刷適性試験 ブログトップ
前の10件 | -

印刷適性試験とは? [印刷適性試験]

*IGT印刷適性試験機と他の印刷試験機の違いは?

     当社で扱っているIGT試験機とプリューフバウ試験機は、印圧の機能・作用がほぼ同じです。IGTとプリューフバウ印刷適性試験機では「印圧」を押し込み圧でなく「被印刷物にかかる圧力」として設定できます。    しかし、IGT以外のほとんどの印刷適性試験機では、印刷機実機と同じように押し込み圧による印圧設定機能を採用していますのでIGT印刷適性試験機のように同じ条件(印刷速度・印圧)を設定して印刷適性試験をしても、同じ条件の印刷サンプルを作ることができません。これが、世界中でIGT印刷適性試験機が数多く採用されている大きなひとつの理由です。実際、アジアの数カ国を除いて、IGT印刷適性試験機以外の印刷適性試験機を見かけることは非常に稀です。 しかし、ラバーブランケットの印刷適性試験では、当社の印圧機能よりも、押し込み圧による方法の方が、最適な試験を望めることがあるようです。 

残念ながら、IGT印刷適性試験機がユーザー様の試験材料と相性が合わず良い条件の印刷サンプルが作成できない事例も一部にあります。そのために、当社ではデモ機を用意し、採用検討時に、お貸出しをしています(一部有償)。

  *印刷適性試験機で何ができるのか?実機との相関は?

     同じ印圧、印刷速度、インキ量を設定すれば、同じ条件の印刷サンプルを何度でも作成することができます。これができないと、印刷適性試験機として失格です。 この理由から、現在では、日本国内だけで何百台ものIGT印刷適性試験機が幅広い業界で採用されています。印刷機とIGT印刷適性試験機の大きな違いは、「印圧」にあります。IGT印刷適性試験機は、実機と異なり印刷幅全体にかかる線圧を印圧とし、被印刷物の厚みの違いによる印圧差が生じない設計になっていますので高い再現性が望めます(一部のIGT試験機を除きます)。印刷機実機には、多くのメーカーがあり、また多くの種類が存在します。従いまして、これらすべての実機とIGT印刷適性試験機の相関を証明するのは不可能です。しかし、IGT印刷適性試験機の印圧・速度の最適な条件を見つけることにより、多くのユーザー様は相関条件を見つけています。 

*印刷適性試験は製紙・印刷業界以外で役立つのか?

 紙とインキと用いて、その印刷プロセス及び印刷結果からそれぞれの材料の特性を評価する試験です。    現在、印刷業界ではインキの色彩確認に数多くのIGT試験機が使用されています。かつては、指にインキを付けたりハンドローラーを用いたりして紙にインキを塗って色彩を確認していましたが、現在ではその再現性の高さからIGT卓上タイプ印刷適性試験機が主流となってきています。    その他、紙以外の被印刷物(プラスチックフィルム、金属板、アルミ缶、ガラス板、基板材)に、インキ以外の高粘度及び低粘度の薬品塗布試験に応用されることが多くなってきています。かつては、おもに製紙・印刷・印刷インキ業界で使用されていたこの試験も、現在では、多くの業界で応用されています。     【応用例】:     * 半導体・基盤・燃料電池、有機EL材などへの塗布試験    * アルミ缶やプラスチックフィルムへの塗布試験    * ラバーブランケットのインキ転移性試験    * トナー付着性試験
nice!(0) 

IGT-多目的印刷適性試験機と印刷適性試験 [印刷適性試験]

Poster Multi a.jpg

展示会で使用しているポスターです。主要な印刷適性試験と多目的印刷適性試験機を載せています。

*画像が粗く、見にくくて恐縮です。

 


nice!(0) 

ISO12647-2 (カラー印刷における工程管理・オフセット印刷) [印刷適性試験]

ISO.JPG

 

当社アイジーティ・テスティングシステムズ社のスタッフ数人が、欧州及びアジア地域において、国際標準規格(ISO12647-2)の審査員として活動しています。審査は、英語で実施されています。


nice!(0) 

印刷適性試験の環境と再現性 [印刷適性試験]

印刷適性試験は、装置があれば簡単に実施できます。

しかし、試験材の均一性や試験室の温度・湿度などさまざまな要因が試験結果に影響を及ぼします。従いまして、再現性の高い試験をするためには、それらを注意深くチェックしていかなければなりません。

DSCF0224.JPG


弊社のホームページから印刷適性試験マニュアルがダウンロードできますので、お気軽にご参照ください。IGT試験機のユーザー様には、一括ダウンロードのパスワードをお知らせしますので、メールにてお問い合わせください。

www.igt.jp


nice!(0) 

湿し水転移後の印刷試験 [印刷適性試験]

下の印刷試験サンプルは、中央部20mmは印刷前に湿し水を転移させています。

この試験方法は、オフセット印刷試験のなかでも重要です。

dampwater.jpg

 

 


nice!(0) 

印刷適性試験機に要求される再現性 [印刷適性試験]

以下の5枚の試験サンプルは、同条件下で5回別々に印刷されたものです。

* 一番左のサンプルの幅大きいのは、それ以外の4枚が重なり合っているからです。

repeatb.jpg

このように、同条件で印刷したサンプルは同じものが出来上がらなければ、印刷適性試験機としては失格です。IGT試験機、プリューフバウ試験機ではこれが可能です。


nice!(0) 

ハーフトーン印刷試験 [印刷適性試験]

IGT印刷適性試験機での印刷試験は、ベタ版が多いのですが、以下のような網点ものもあります。

 

letterpres.jpg


これは、オフセットインキ用試験機C1などで印刷した試験サンプル。

 

CCI20090612_00000.jpg


これは、グラビアインキ試験用の「ヘリオテスト方式」で印刷した試験サンプル。
(抜けの数をカウントして、評価します)。


nice!(0) 

ヘリオテスト、グラビアインキテスト、オフセット2色印刷テスト [印刷適性試験]

以下の印刷試験サンプルは、上から順に以下の印刷適性試験のものです:

1) オフセットインキ2色印刷テスト
2) グラビアインキテスト
3) ヘリオテスト

helio.jpg

前回のモットリングテスト同様、画像が見えにくく申し訳ございません。
オリジナルをの冊子を用意していますので、必要な場合はどうぞ弊社までお問い合わせください。
 


nice!(0) 

モットリング [印刷適性試験]

印刷適性試験には、いろいろな評価方法がありますが、このモットリングテストは比較的よく用いられている試験方法です。

mottling.jpg

画像が、見づらくて申し訳ございません。 
オリジナルの冊子を用意していますので、必要な場合はどうぞ当社までお問い合わせください。

 


nice!(0) 

ISO3783, JIS-P8129 ピックテスト [印刷適性試験]

ISOとJIS規格に適合しているピックテスト

世界中の製紙会社で採用されています 

Picktest.jpg

ちょっと小さくなってしまいましたが、ピックテスト試験の印刷サンプルです。
初速ゼロ・最終速度を設定し、低速ではなく加速印刷をします。
紙の剥けが、発生した場所を測定していきます。


402.JPG

ISO及びJISでは、アルミディスク10㎜幅を規定しています。

4022.JPG

しかし、それぞれの紙の特性に合わせていろいろな種類のディスク(ラバーブランケット、ラバーコート他)が用いられているケースも多く見受けられます。 

AIC25.jpg

ISO/JISでは、IGT電気式印刷適性試験機が規定されています。

a111.JPG

電気式以前に開発された振り子式もまだまだ数多く使用されていますが、日本国内では少しずつ電気式にシフトしています。

a11.JPG

IGTが民間企業として出発した時代からあった振り子式印刷適性試験機A1(A2)。紙パルプ関連業界に勤務されている方は、IGTの名前を知らなくともこのデザインの機器をご覧になったことはあるのではないでしょうか。私も、個人的には最もお気に入りのデザインです。



nice!(0) 
前の10件 | - 印刷適性試験 ブログトップ

C1 cms.jpg

カラーサンプル

CCI20090612_00001.jpg

NBS クランプリングディバイス
(紙幣・証券用)

DRRUPA-AMSTERDAM.jpg

印刷試験機(新製品!)

AIC25.jpg

多目的印刷適性試験機(多目的)

tt450.jpg

タック試験機

1367 Intaglio inker.JPG

凹版インキ練り機(紙幣・証券用)

A2-3.png

振り子式印刷適性試験機

larayvisco.jpg

Laray Viscometer

DAC150.1FV-K.jpg

 Speed mixer

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。